ロングアイアンを上手に打つにはコツがある

ロングアイアンの飛距離が出ない

3番、4番、5番アイアンが難しい、

という人が多いです。

ロングアイアンを抜いてユーティリティーを使うという方法もありますが、、、

ロングアイアンを「ビシッ」と打ちたいですね?

ロングアイアンを上手く打てると、、、

・距離の長いセカンドショットで「パーオン」できます

・距離の長いショートホールで「ワンオン」できます

・とにかく格好いいね

などなど、

ロングアイアンを上手く打てるとスコアも良くなるし、ゴルフが楽しくなります。

ということで今日はロングアイアンの打ち方のコツを紹介します。

スポンサーリンク

ロングアイアンの打ち方のコツ

(1)アイアンは8割の力感で打つ

ミドルアイアンは打てるけど
ロングアイアンは苦手という方が多い。

何故か?

主な原因は、
飛距離を出したい!
飛ばさないとだめ!
と力が入ってしまうから。

最近のアイアンは優しく飛ばせる構造になっています。

飛ばそうとしなくても、ミドルアイアンと同じ気持ちで振れば良いです。

5番アイアンを短くもって、軽くスイングしてみてください。

飛ばそうとせず、自分にとって一番リズムの良いスイングでボールを打ってみてください。

飛ばさないで良いと思うと力みが取れやすくなります。

すると、飛ばそうとしたときよりも楽にボールが飛んでくれます。

楽にボールを飛ばせるようになったら、徐々にいつものスイングにもどします。

「飛ばそう」と無理をしなくても「自然に飛ぶ」を実感できますよ。

アイアンは8割の力感が一番飛びますし、ショットが安定します。

(2)ティーアップして練習する

ロングアイアンが上手く打てない主な理由は「力み」です。

ティーアップしてボールを打つのは「無駄な力みをとる」という効果があります。

中級者、上級者こそ行うべき練習です。

練習時にティーアップしたボールを打つメリットは多数あります。

・マットの上から打つよりもフェースの芯で打つ感覚を感じやすい

・スイング軸を保つ練習になる

・「打つ」よりも「振る」に意識を向けやすい

・マットの上から打つよりもミスショットがわかりやすい

などなど、、、

スイングを調整するときはティーアップしたボールを打つと良いです。

ロングアイアンでもミドルアイアンと同じように打てばよいのです。

ロングアイアンで正確なショットを打てるとゴルフが最高に楽しくなります。

是非、試してください。

スポンサーリンク