ドローボールとフェードボールの打ち方を知ろう!

100を切れない原因を徹底的に潰していく
絶対!100切りプロジェクト

ほとんどのアマチュアゴルファーにとって球筋を打ち分ける必要はありません。

むしろ「常に同じボールを打ち続ける」という方が良いスコアをだしやすいのです。

しかし「球筋を打ち分ける練習」は「ショットの感覚」を養うために良い方法です。

自分の理想の球筋を探す手助けになります。

不調になったときにスイングを調整しやすくなります。

普通、ボールの球筋を打ち分けるには、ボールの位置やスタンスの向きでコントロールする場合が多いです。

ですが、「ボールのどこを見るか?」で球筋をコントロールする方法があります。

フェードボールは、ボールの一番手前を見ながら打ちます。

体に一番近い点に視線を注いでいつもと同じスイングをするとフェードボールになります。

ドローボールは、ボールの一番遠い場所を見ながら打ちます。

体に一番遠い点に視線を注いでいつもと同じスイングをするとドローボールになります。

あなたの持ち球はフェード?ドロー?

フェードとドローの違いについて確認しましょう。

ドローボールは、右に打ち出されて左に戻る球筋で、落ちてからの転がり(ラン)が多いのが特徴です。

インサイドアウト軌道でスイングし、フェースはターゲットに対してはオープンですがスイング軌道に対してはクローズの状態でインパクトします。

フェードボールは、ボールを少し左に打ち出し少し右に曲がる球筋で、アウトサイドインのスイングです。

ドローに比べて、高いボールになりランが少なく、ラインを出しやすいので「狙った場所に打つ」を重視した球筋です。

(1)フェードボールってどうなの?

一般的にフェードボールは飛距離が出にくいです。

フェードの特徴は

・ボールが上がる
・ランが少ない
・ラインが出しやすい

ヘッドスピードが充分にあり、飛距離に満足しているゴルファーが方向性を安定させるためにフェードを覚えるケースが多いです。

(2)ドローボールをオススメしたい

まだ球筋が決まっていないなら、ドローがオススメです。

ランが出て飛距離が出やすいからです。

フェードで飛距離を出すには、体力が必要になりますし、練習量が必要です。

練習量が少ないアマチュアゴルファーには、ドローをオススメします。

(3)ドローとフェードの打ち分けは不要

フェードと決めたなら、フェードに徹した方が良いです。

ドローと決めたなら、ドローに徹した方が良いです。

練習時に両方のボールを打つことでスイングの調整力を高めるのは良いですが、コースにでたら持ち球を守ることをオススメします。

練習時には打ち分けができても緊張する場面できっちりと打ち分けができるか?

コントロールできたボールを安定して打てるか?

持ち球を決めて、それに磨きをかけることをオススメします。

(4)フェードで飛距離を伸ばす方法

フェードで飛距離を伸ばす方法も重要なポイントはドローと同じです。

飛距離を伸ばす方法はいくつかありますが、、、

とくに大切なのは「無駄な力み」を取り、「左主導のスイング」をすることです。

参考になれば幸いです。

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
ドライバーでビュンビュン、もう30ヤード飛ばせます!
「ドライバーの飛距離をもっと伸ばしたい!」
「スライスやフックせず、真っ直ぐ力強い弾道を打ちたい」
とドライバーの飛距離が伸びず悩んでいませんか?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク