アプローチ上達の秘訣

100を切れない原因を徹底的に潰していく
絶対!100切りプロジェクト

アプローチは想像力が豊かな人がうまくなると言われてます。ゴルフのスコアを縮めるには何が大切か、色々な要素がありますかが、アプローチの上達が一番の近道と思います。

ゴルフはミスと上手に付き合っていくスポーツです。必ずしも毎回、ナイスショットが繰り出せるとはかぎりません。プロでさえグリーンを外すこともあります。しかし、確実にピンに寄せるリカバリーのテクニックがあるからこそ、大ケガを避けてスコアをまとめてくるのです。

それに加えてアプローチが得意な人は、想像力が豊かな人が多いのです。「この状況では、どういう弾道でどこにボールを落とせばピンに寄るか」と球筋をイメージし、それに合わせてクラブ選択、そう考えるようにすれば、アプローチも面白さを増します。

クラブの正しいアドレス方法

アプローチの際、右手が返ったり(フェースがかぶる)、左手の甲が目標の右に出ていったり(フェースが開く)すると、狙ったところにボールを落とすことはできません。

では、なぜこんな動きをしてしまうのでしょうか?

第一に考えられるのは、グリップの形が悪いからです。クラブへッドを地面にソールしたとき、上体がボールに正対していれば、インパクトで余計な手の動きは生まれません。

極端なストロンググリップやウィークグリップだと、ソールしたときに、上体が右や左に傾きます。このままクラブを引くと、正しい位置にヘッドが上げることができず、ダウンスイングでも、アドレスの位置にヘッドを戻すことはできなくなってしまうのです。

正しくグリップするには、両腕をダラリと垂らした位置でクラブを握り、そのままボールにクラブフェースを合わせてください。そして、上体をボールに正対させ、両手が左足太モモの前にくるように構えれば正しいグリップの完成です。

正しいグリップの作り方

左手の中指、薬指、小指で握り、右手は横から左手に添える。

グリップの作り方を簡単に説明しましょう。まず、左手の親指は軽く曲げるショートサムにします。手のひら全体でクラブを握ると、手が器用に動きにくくなるからです。

指のツケ根の膨らんだ部分にクラブを乗せたら、ギュッと握るようにします。これだけで、だれかにクラブを引っ張られても抜けないぐらいの強さで握ることができます。ただ、意識的に強く握ろうとせず、左手の中指、薬指、小指の3本で握るぐらいの感覚です。

また、自分から見て左手のナックルが2個見えるぐらいなら、極端なストロンググリップにもウィークグリップにもなりません。それに伴い左手の親指と人差し指でできるV字は、自分のアゴから右サイドを指すのが正しい方向です。

左手のグリップが完成したら、左手の横に右手を添えるようにして握りましよう。左手の上からかぶせたり、下からクラブを持ち上げるような握り方は禁物。特に、右手のV字が極端に右を向いてはいけません。

ピッチエンドランを覚える

最初にマスターしてほしいのは、サンドウェッジでのピッチエンドランです。アベレージゴルファーの中には、バウンスの大きなサンドウェッジは苦手、という人がいるかもしれませんが、それならピッチングウェッジでも構いません。

ボールをスタンスの中央にセットし、そのボールに合わせてクラブへッドをソールします。トウ側が浮いたり、ヒール側が浮いたりしないように、ソール全体が芝に接するようにアドレスしましよう。

このときのグリップの位置は、必ず左足太モモ前にくるようにすること。右足の前や、左足よりもさらに左にはいかないように注意してください。そして、体のラインは飛球線に対して平行に合わせます。

両手が右足太モモを過ぎたぐらいまでテークバックし、そこからダウンスイングに入ってボールを打つだけです。ポールを無理に上げようとせす、自然にクラブを振り下ろしましよう。

これだけで本来、サンドウェッジが持つロフトどおりにボールは上がっていくのです。ボールはグリーンに着地した後、自然に転がっていきます。このときのキャリーとランの割合は5対5と考えてください。

この基本形ができるようになれば、あとはボールの位置を変えるだけ。右足寄りにボールを置けばランニングアプローチになるし、左足寄りに置けばピッチショットになります。これがお勧めするアプローチの″基本形”です。

打ち方は一つですが、ボールの位置(3カ所)、クラブ(3本)を変えるだけで3x 3=9通りのアプローチが自然にできてしまうのです。これに、ロブショットなどの特殊な打ち方をプラスすれば、カバーできない状況はほとんどありません。

3段階のテークバック

どんなアプローチでも、キャリーとランは存在します。そのため、ボールからピンまでの距離感をつかむ場合、この二つのトータルを計算する人がほとんどです。

しかし、グリーンの状況によってランの割合が変わってしまうことを、しつかりと把握しているでしようか。

例えば、グリーンが硬ければ、同じところにボールを落としてもランは多く出ます。逆に、グリーンが軟らかければ、ランはあまり出ません。ランには、バラッキがあるということです。

そこで、アプローチで重要視するのがキャリー。通常のショットに比べ、距離が短いアプローチでは、風の影響を極端には受けません。つまり、グリーンの状態にかかわらず、キャリーが生み出す距離は安定しているということです。

アプローチでは、自分がどれぐらいのバックスイングをすれば、ボールがどれだけ飛ぶのかを把握しておくことが大切です。

そのためには、3パターンのバックスイングを体に覚え込ませましよう。時計の文字盤に例えると、クラブが7時を指したとき、9時を指したとき、そして10時を指したときです。

クラブを止める場所を3段階ぐらい決めておけば、大体の距離をカバーできます。時間は自分が一番つかみやすいところで構いません。

とにかく3段階にすることが大切です。基本はピッチエンドランです。例えば、ピッチングウエッジで、へッドが7時を指すところまでクラブを上げたら、キャリーが10ヤードだったとします。9時のときには20ヤード、10時のときには25ヤード。

もっとキャリーを出したいときには、ロフトの小さなクラブを選び、逆にキャリーを抑えたいときは、ロフトの大きなクラブに換えるだけでいいのです。まず、基本となるクラブを選び、それに合わせて、3段階のキャリーを把握することから始めましよう。

グリーンの状況によって、ランの距離が変わる

グリーンの状況(速い、遅い、上り、下り)は色々です。ですが、基本となるキャリーとランの割合の数字は頭の中に入れておいたほうがいいでしよう。

なせなら、実際にコースに出たときに、標準よりもボールが転がるのか、あるいは転がらないのかを把握できるからです。あとは、それに合わせてキャリーを調整いきましょう。

キャリーとランの割合は、

まずピッチショットではキャリーが7割、ランが3割です。

ピッチェンドランではキャリーが5割、 ランが5割です。

ランニングアプローチでは、持つクラブによってキャリーとランの割合が大きく変わりますが、1対9から3対7の範囲内だと考えてください。

これらは、すべてファーストバウンドをグリーン上に落とした場合という前提条件での割合です。グリーン手前のラフに落とした場合は、跳ね方によって大きく数字が変わるので注意しましょう。

また、グリーンが速いときは、キャリーを少なめに、グリーンが遅いときは、キャリーを多めにする。ゴルフ場によってグリーンの状態が変わるので、臨機応変に対応しましょう。

ロフトの少ないクラブはランの割合は多くなる

キャリーとランの割合は、ランニングアプローチでは持つクラブによってその割合が変わります。アプローチウェッジやサンドウェッジのように、ロフトの多い(寝ている)クラブでは、いくらフェースを立てた状態でボールを打っても、ある程度ボールは上がります。

そのぶん、キャリーが多くなり、ランは少なくなるわけです。とはいってもピッチェンドランと比べれば、間違いなくキャリーよりもランのほうが多く出ます。割合でいえば、3対7ぐらいです。

また、6、7番といったミドルアイアンを使えば、ロフトが立っているためランは多めに出ます。キャリーとランの割合は1対9ぐらいになると考えてください。

ピンがグリーンエッジから10ヤードぐらいにあればロフトの多いクラブを使い、ピンが2段グリーンの奥に立ち20ヤード以上あるような状況では、ロフトの少ないクラブを選ま択しましょう。

また、状況によっては、グリーンの手前にボールを落とす場合もありますが、芝が長い状態だと、どれだけボールの勢いが弱められるか分からないため、うまく距離感をつかめません。

ボールをグリーンに直接落とさないときは、フェアウェーのようにあまり芝の影響を受けないライに限って、ランニングアプローチを使ったほうが賢明です。

アプローチスイングの秘訣

ドライバーやアイアンでフルスイングするときは、体の回転や体重移動をしっかり行っているのに、アプローチをしようとすると手打ちになる。こういうアべレージゴルファーが少なくありません。

目標が近いので、手だけを動かしてボールを打っても十分、目標まで届くと知っているからです。しかし、手打ちの最大のデメリットは、インパクトでアドレスの形を再現しにくいところにあります。

つまり、せっかくアドレスでインパクトの形をつくっても、まったく違う形でインパクトを迎えてしまうのです。その結果、フェースが開いたり、あるいは、閉じた状態でボールをとらえるので、方向性、距離感が悪くなります。

アプローチで大切なのは、常に同じスイングをできるというリピート性をいかに高めるかです。そのためには肩を回し、小さくですが体重移動も行うのです。

あくまでも、フルスイングの振り幅が小さくなったものがアプローチだということを忘れないでください。もちろん、ランニングアプローチのように、最初から最後まで左足体重でボールを打つときもありますが、通常のピッチエンドランや中途半端な距離を打つときは、体重移動を行うのです。

参考になれば幸いです。

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
ドライバーでビュンビュン、もう30ヤード飛ばせます!
「ドライバーの飛距離をもっと伸ばしたい!」
「スライスやフックせず、真っ直ぐ力強い弾道を打ちたい」
とドライバーの飛距離が伸びず悩んでいませんか?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク