飛距離アップにアームローテーションが大切

飛距離アップに必要な要素は次の3つです。

●ボール初速・・・ボールが打ち出された瞬間の速さ

●適切な打ち出し角・・・ボールの弾道と地面を線で引いた角度

●適切なスピン量・・・ボールを打った時のバックスピンの回転量

そしてそれぞれの要素を身に付けるには、正しいアームローテーション正しい体重移動ミート率アップが必要となります。

アームローテーションを覚えることで、クラブヘッドが素早く走るようになり、ヘッドスピードが上がります。

正しいアームローテーションができる練習方法としては、水平素振りがオススメです。

水平素振りを行うことによって、左腕の上に右腕が入ってくる、ターンオーバーという動きを覚えることが出来ます。

ターンオーバーを覚えることで、ボールをしっかりと捕まえることが出来て、ボールに最大のエネルギーを伝えることが出来ます。

水平素振りの仕方ですが、バックスイングした時に左腕とクラブが地面に対して水平になります。その時、クラブフェースの向きが真上を向いていることが重要です。

クラブフェース・クラブシャフト・左腕、これらが地面に対して水平な角度でバックスイングをします。

次に、クラブを振り戻してきて体が正面を向く時、クラブのリーディングエッジが真上を向いている位置に戻ります。

その後、右腕が左腕の上に入っていく動きをします。

左腕の上に右腕が入ってくる動きを、ターンオーバーと言います。

ターンオーバーして、フォローでは右腕とクラブシャフトが地面に対して水平になっています。

正しいターンオーバーの動きを覚えるだけでも、飛距離は伸びますし、方向性も安定します。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク