肩の回転を大きくして飛距離を伸ばす

2020年8月3日

体が硬いとバックスイングで肩の回転が浅くなります。

また無理に肩を深く入れるとスイングが安定しなくなり、スイング軸がずれて飛距離が落ちてしまいます。

ではどうすれば、肩を深くいれて飛距離を伸ばせるのでしょうか?

スポンサーリンク

猫背になると肩がまわらない

肩が回らない原因の1つがラウンド時の「猫背」です。

普段の練習では猫背ではないのに、ラウンド中や調子が悪いときだけ猫背になっている人もいます。

もしかすると、あなたも少し背筋を伸ばすだけで飛距離がアップするかもしれません。

アドレスで背筋を伸ばすと体の回転がスムーズになりクラブの通り道ができます。

これは、飛距離が伸びると同時にスイングが安定します。

アドレスでアゴを少しあげる

アゴを引いてアドレスをすると肩の回転が不足しがちです。

アドレス時にアゴを少し上げてみてください。

頭が天からつられているという感じで、ボールを見下ろす感じになります。

ボールを真っ直ぐに見ている場合はアゴを引きすぎですからアゴを少し上げると良いでしょう。

アゴの下に空間をつくることで、肩の回転がしやすくなり飛距離も伸びます。

肩に力が入ると可動域が狭くなる

あなたは飛ばそうとして無駄な力がはいっていませんか?

力を抜いた方が飛距離はでるものです。

ですからほんの少し手や肩の力を抜いてスイングをしましょう。

人間の体は力が入ると可動域が小さくなります

「肩と腕にギュッと力を入れた状態」で頭の上で「両手をあわせられるか?」を試して下さい。

肩と腕に力を入れると両手を合わせにくいはずです。肩と腕から力をぬけば頭の上で両手を合わせやすいです。

力を抜くと可動域が広くなるからです。

同じ理屈で肩の力を抜くとバックスイングで肩がまわりやすくなります。

肩がまわるので腕の力を使わずにすみます。特に右腕の力を入れ過ぎないようにしましょう。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク