飛距離アップするには体重移動をおさえる!

飛距離アップに本当に体重移動は不要なのか?

と疑問を持つかもしれません。

体重移動で飛距離をロスする主な原因は、、、

体重移動をするとインパクトのタイミングがとても難しくなります。

バックスイングで右足に大きく体重を移動するとダウンスイングで左に大きく戻す必要があります。

左右の動きが大きくなるとインパクトのタイミングがとても難しくなります。

プロの場合は「体重移動を意識しない」

というより

「体重移動を出来るだけおさえている」
という人が多いです。
飛ばそうとするほど、飛距離が落ちる!

ゴルファーなら誰もがこんな経験があるでしょう。

なぜ飛ばそうとすると飛距離が落ちるのか?

その理由の1つが「体重移動の意識」です。

最近の大型ヘッドは昔と比べて体重移動を必要としません。

体重移動をおさえて体の回転でスイングをした方が飛距離を伸ばしやすいです。

スポンサーリンク

体重移動で飛距離ロス

アマチュアの9割は体重移動を意識しすぎで飛距離を落としています。

バックスイングで右に体重を移動し過ぎです。

バックスイングで右足に大きく体重を移動するとダウンスイングで左に大きく戻す必要があります。

左右の動きが大きくなるとインパクトのタイミングがとても難しくなります。

インパクトがジャストタイミングであえば飛距離がでる可能性があります。

しかし、1ラウンドを通して安定したショットを打つのは難しいです。

アイアンショットも体重移動は注意が必要です。

バックスイングで右足に大きく体重を移動するとスイングの最下点が右に移動します。

すると、ダフリやチョロになりやすくなります。

アイアンで正確なショットを打つためにもバックスイングで過度な体重移動は危険です。

「右足のたえ」でスウェーを防止する

回転でスイングをするには、バックスイングでの「右足のたえ」が重要です。

「バックスイングで右足の内側で力を受け止めます」

右足の全体や、右足の外側で力を受け止めようとするとスウェーになりやすいです。

「右足の内側で体重をうけとめる」

または

「右膝を正面に向けた状態をキープ」

というイメージがオススメです。

体重移動をおさえて飛ばす方法

(1)軸をぶらさない

軸がぶれると左右の動きが大きくなり、インパクトのタイミングが難しくなります。

(2)上体が真右を向くまでまわす

バックスイング時の「捻転」を大きくすると飛距離がアップします。

「捻転」とはバックスイング時の、「肩の回転」と「腰の回転」の『差』です。

テークバックは体の右サイドをまわします。

バックスイングは胸が真右を向くくらい上体を捻転しましょう。

少しの気づきでゴルフの飛距離は伸びます。

正しい体重移動

正しく体重移動をすることで、加速と減速のメカニズムに沿って、飛距離を伸ばすことが出来ます。

バックスイングから切り返しの時、トップで減速します(一瞬の止まり)。

そしてまた加速して、最後に減速する。

クラブを加速したり、減速させたりしているのが下半身の体重移動です。

下半身の体重移動を覚えるドリルを紹介します。

このドリルを行う時のスイングは、バックスイングを上げた時に、左腕が地面と平行になり、左腕がしっかり伸びた状態になり、振り抜いたあとも右腕が地面と平行になり、右腕がしっかり伸びた時点で手を止めます。

肘が曲がってしまったりしてはダメです。しっかり腕が伸びた状態をキープします。

右足の内股ドリル

この内股ドリルのポイントは、バックスイングで重心をどのようにコントロールするかにあります。

振り上げた時に、手が右側に上がっていくわけですから、当然これだけで体重は左足に加重が大きくかかります。

この時に、右足の土踏まずに重心がしっかりかかることが、大きなポイントになってきます。

この時に、右足の土踏まずで体重を受け止められず、外に体重が流れてしまってはダメです。

体重が外に逃げると、力を込めてターゲット方向に切り返して行く事が難しくなります。

内股ドリルの練習方法として、右足だけを内股にします。

右足を内股のままバックスイングを上げると、嫌でも内側に「グッ」と踏みしめられるようになり、トップでしっかり内側に重心が掛かります。その状態で繰り返しスイングをしてみましょう。

左足の内股ドリル

左足の内股ドリルは、振りぬいた後に、体重をしっかり受け止めるための練習になります。

より遠くへ飛ばすためには、しっかりと体重を受け止める動きが必要です。

要するに、腰が止まるような動きを入れることが、クラブを最大限にしならせる動きに繋がります。

まず通常のアドレスをしたら左足を内側にいれてください。

そしてそのまま、ボールを打ちます。

振りぬく時にも体重がターゲット方向へ逃げないようにします。

打った後、しっかりと止まることで、ヘッドが走って最大のクラブのしなりが生まれて、距離が出ます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク