ラフからのアプローチを成功させるコツ

ラフからのアプローチで一番気を付けることは?

ラフにボールがどれくらい沈んでいるかが重要です。

大きく分けて3パターンあります。

・芝の上に浮いている状態

・ボールが芝に半分沈んでいる状態

・完全に沈んでいる状態

それぞれで打ち方が変わります。

芝の上に浮いている状態

芝の上に浮いている場合は、通常どおりのアプローチをします。

ただ、気をつけなくてはいけないことは、クラブフェースがボールの下をくぐってしまいダルマ落としになる事があります。

クラブをソールしないで浮かした状態でアドレスすると良いでしょう。

ボールが半分沈んでいる状態

ボールが半分沈んでいる状態では、ほんの少しフェースを開きます。

ボールの下にスペースがあるのですが普通に打つと芝に負けてフェースが閉じやすいです。

すこしフェースを開くことで草を切るようにショットができます。

素振りで確認して芝の抵抗が弱ければフェースを開かずに打っても良いです。

完全に沈んでいる状態

この状態は「トラブルショット」だと言えます。

芝の抵抗が強ければ抵抗に負けないようにグリップを強く握る必要があります。

ただ、日本のゴルフ場は海外にくらべて芝の抵抗が少ないです。

グリップを強く握る必要がないケースが多いです。

素振りをしてみて、ゆるいグリップをしても芝の抵抗に負けないならゆるいグリップの方が良いです。

ゆるいグリップなら、V字ショットを打ちやすくなります。

V字ショットにすることでボールの手前の草が邪魔にならずにすみます。

素振りで芝の抵抗を確認する

アプローチを成功させるには、素振りが大切です。

本番と「同じライ」「同じふり幅」「同じリズム」で素振りをします。

素振りによりラフの抵抗を感じ取れるので成功の確率が高まります。

ランの距離が大きくなる

深いラフからの注意点としてはランの距離が長くなることです。

クラブフェースとボールの間に芝が入ります。

スピンが減ることでボールが止まりにくくなります。

ラフからはいつもよりも「ランの距離を長め」で計算しましょう。

ボールを打つ前に、ショットのイメージを明確にする

・ボールの高さ
・落とし場所
・転がる距離、スピード
・グリーンでどのように曲がるか

ショットを明確にイメージするとピンに寄りやすくなります。

そして、実際に打ったボールが「イメージとどう違ったか?」も確認しましょう。

・予想よりも高いボールになったかもしれません。

・予想よりもランが長くなるかもしれません。

・予想よりもグリーンの傾斜の影響を受けるかもしれません。

予想と結果の違いを確認することで経験値が増して、上達につながります。

次はもっと正確なアプローチをイメージできます。

結果のフィードバックを自分の中に増やすことで少しずつ上達できます。

ぜひ様々な状況でのアプローチをマスターしてください。

アプローチを成功させるポイント!

アプローチの苦手な人は、ほとんどが早打ちになっています。

ゆっくりしたスイングを身につけましょう。

それにはボールの落とすポイントを正確に決めて練習することが大切です。

ゴルフのコツがわかれば、

人生を無駄にしない楽しいゴルフ・・・

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m