ゴルフスイング切り返しで「タメ」を作る

軽く振っているのに、なぜか、すごく飛ばす人っていますよね?

軽く振っているのに、飛距離がでる理由の1つが、『自然なタメが出来て、クラブヘッドが加速しているから』

ただ「タメ」を作ろうとしても、なかなか上手くいかないものです。

もしあなたも「タメが作れない!」と悩んでいるのであれば、この記事を参考にして下さい。

飛距離が出るタメの作り方

タメが作れない原因の1つが「ダウンスイングでの右腕の使いすぎ」です。

私達ゴルファーは飛ばそうとするとダウンスイングで右腕を使いすぎてしまいます。

右腕が強くなるとタメが早くほどけてしまいます。

ではどうすれば良いのか?

(1)右腕をリラックス

右腕をリラックスすると自然なタメを作りやすいです。

次の方法がおすすめです。

  • アドレスで「右腕の力を抜く」
  • 左右のグリップをヒンガーグリップで握る
  • アドレスで「右手のグリップを緩める」

アドレスをした時に右腕、右のグリップから「スーッ」と力を抜きましょう。

右腕がリラックスしてダウンスイングで自然なタメが生まれます。

(2)ダウンスイングを左サイドでリード

ダウンスイングからフォローまで左肩、左腕でクラブを振りましょう。

ダウンスイングを左サイド主導で行うと自然に「タメ」が生まれやすいです。

「自然なタメ」が出来るとヘッドスピードが上がり、軽く振っても飛距離が出るようになります。

(3)タメの作り方とコツ

飛距離と安定性を手に入れるには、腕の力にたよらない、「下半身主導のスイング」を身に付ける必要があります。

なぜなら、下半身は腕よりもパワーがあり、腕のように器用に動かないからです。

タメが出来ていない人は、腕を使いすぎています。

「下半身主導のスイング」を身につけましょう。

そうすれば、自然にタメが生まれ、飛距離が伸びて、スイングが安定します。

(4)タメを作るドリル

下半身主導のスイングが身につく、ドリルをご紹介します。

ボールを打っても良いですし、素振りでも効果はあります。

  • ボールから少し離れてアドレス
  • バックスイングで、右足を踏み込む
  • 切り返しで、左足を踏み込む

(5)タメは自然にできるもの

タメを意識して作る必要はありません。正しい動きをすれば、「タメ」は自然にできるものです。

このドリルにより、下半身の力を使えるようになります。

自然なタメがうまれ、飛距離がアップします

トップからの切り返しを作ろう

飛距離に悩んでいる場合、実は切り返しをしっかり作ると改善できる場合があります。

テークバックは、ボールから離れる動きです。

切り返しはボールに向かう最初の動作です。

その最初の動作が正しく正確に行えると、スイング全が安定し、しっかりヘッドも加速するようになるのす。

反対に言うと、多くの人はテークバックやトップなどは気にしても、この切り返しへの意識が低い為に、ヘッドが素直な動きをしなくなり、軌道が狂ったり、波打ったり、また同じ動作自体ができなかったりしてショットが悪くなるのです。

正しい切り返しを作る!

という意識がとても大事なのです。

そこでまず大事なポイントを意識して作りましょう。

その大事なポイントとは、「腰だけ回す」です。

トップの形を作ったら、腰だけ戻すように回すのです。

要は、上半身はトップの形、下半身はインパクトの形という感じですね。

これをしっかり意図して作るのです。

そうすると捻転差がしっかり作られ、それだけでヘッドが加速します。

また下半身でのリードができるので、軌道が抜群に安定し、ダフリやトップなどのミスも減ります。

切り返しは、ボールへ向かう動作になるので、どうしてもボールを打つという意識の方が高くなり、切り返し自体を意識しない場合も多いのです。

そうなると適当になったり、動作がバラバラになっていたり、また余計な力が入っていても気にせずにいたりするのです。

切り返しを意識すると、スイングもショットも大きく変わってきます。

安定したショットには欠かせないポイントなので切り返しを意識しましょう。

今日のGolf Tips

『なぜ、軽く振っても飛距離がでるのか?』

軽く振っているように見えて、飛距離が出るゴルファーは、腕の力に頼らず、 下半身の力を活かしています。

腕の力に頼らないので、軽く振っているように見えるのです。

腕を脱力させて、下半身を積極的に使う」を大切にしましょう。

飛距離が伸びて、スイングが安定しますよ。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m