ダウンブローだけがアイアンでナイスショットを打つ方法

アイアンの上手い人はダウンブローに打ちます。

ダウンブローとは何か?

スイング軌道の最下点に達する前にクラブヘッドがボールに接するショットです。

ダウンブローはクラブがボールにコンタクトする許容範囲が広く、ダウンブローに打てばダフリやチョロになる確率は大きく減ります。

ダウンブローに打てばフェース面がズレないので狙った方向に打てるようになります。

ダウンブローだけがアイアンでナイスショットを打つ方法です。

ゴルフスイングは下向きにボールを打つもので、すくい上げる打ち方は無いのです。

ではどうすればダウンブローに打てるのか?

ダウンブローに打つためのポイント

(1)スウェーしていませんか?

飛距離を伸ばしたいと思うと気づかないうちに「体重移動」が大きくなりやすいです。

体重移動をしようとするとバックスイングで右膝が右に動きやすいです。

右膝が右に移動すると腰も右に移動します。

腰が右にずれるとクラブ軌道の最下点が右に移動します。

最下点が右に移動するのでトップやダフリになりやすいです。

トップやダフリまではいかなくてもアイアンのあたりが薄くなりがちです。

アイアンショットでボールのつかまりが悪いと感じたら要注意!

バックスイングでスウェーしている可能性は高いです。

チェックしてみましょう

スウェーをしていることに本人が気づいていないケースは多いです。

スウェーをしているかをチェックする簡単な方法をご紹介します。

クラブは使わずに出来るので試して下さい。

  • 右足の右側が壁についた状態でアドレスします。
  • 右腰と壁の間に隙間ができます。
  • 手を胸の前でクロスしてシャドースイングします。
  • バックスイングで右腰が壁に近づくようなら、、、

あなたはスウェーをしています。

バックスイングで右腰が壁に近づかずクルッとその場で回転できるなら大丈夫です。

(2)ボールを上げようとしない

ボールを上げようとするとすくい打ちになりやすいです。

練習場のボールは高さがでません。

練習用ボールはラウンド用ボールと構造が違います。

練習用ボールは安価であり耐久性に優れています。

そのために構造が本番ボールと異なるのです。

練習用ボールは本番用のボールの3分の2程度の高さしか上がりません。

ボールが上がらないので無意識のうちにボールを高く上げたくなります。

「すくい打ち」になりやすいのです。

練習マットはクラブヘッドが滑るのですくい打ちでもボールが飛びます。

「すくい打ちは」はコースに出るとダフリになります。

「本番よりも低いボールを打つ」という意識で練習すると良いです。

ティーアップしたボールを打つとマットの影響を受けないのでオススメです。

(3)「打ち込む」という意識は必要ない

ダウンブローに打とうとすると上から鋭角に打ち込もうとしがちです。

打ち込むインパクトはインパクトゾーンが短くなりショットが安定しません。

手首を痛める原因にもなります。

ダウンブローのメリットは

  • ダフリやトップになりにくい
  • ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる
  • インパクトでのフェース面が安定して左右のブレが減る
  • ロフトが立つので飛距離が出る
  • 距離が安定する
  • ボールにバックスピンがかかる
  • 打感が良い

など、、、スコアアップのために多くのメリットがあります。

ではどうすればダウンブローに打てるのか?

ダウンブローに打つためのポイントはいくつかあります。

その中の1つをご紹介します。

(1)ドライバーと同じ打ち方になっていませんか?

ドライバーをたくさん練習していると気づかないうちにアッパー軌道の打ち方になりやすいです。

一番変わりやすいのは「アドレス」です。

ドライバーをアッパー軌道で打っていると本人が気づかないうちにアドレスで右足体重になりがちです。

理想の体重配分は「左足:右足=5:5」です。

ドライバーの練習ばかりをしていると本人が気づかないうちに「左足:右足=4:6」になってしまいます。

アドレスで右足体重になるとインパクトでも右足体重の状態になりやすいです。

右足体重でスイングをするとクラブ軌道の最下点が右に移動するのでトップやダフリになりやすいです。

トップやダフリまではいかなくてもアイアンのあたりが薄くなりがちです。

「最近、アイアンショットでボールのつかまりが悪い」と感じたら要注意!

アドレスの体重配分が原因の可能性は高いです。

ドライバーのようにティーアップして打つならアッパー軌道でも良いのですが、地面にあるボールをアッパー軌道で打つことはできません。

ボールの前の地面を叩いてしまいます。

(2)アドレスの体重配分のチェック

アドレスの体重配分が狂っていることに本人が気づいていないケースは多いです。

アドレスで右足体重になっているかチェックしてみましょう。

ロングアイアンを使ってアドレスをしてみましょう。

どうでしょう、左足より右足の方に体重が多めにかかっていませんか?

ロングアイアンは「ボールを上げたい」という意識が働きやすいです。

そのため無意識に右足体重になりやすいです。

アドレスで右足体重ではインパクトでも右足体重になります。

それが「ダウンブローに打てない」の原因で、「アイアンのあたりが薄い」と感じる原因です。

(3)右足体重を矯正する方法

次に右足体重を矯正する方法をご紹介します。

アドレス時の理想の体重配分は「左足:右足=5:5」です。

現状の体重配分「左足:右足=4:6」を矯正するために左足体重をオーバーに行い、「左足:右足=7:3」の体重配分でアドレスをします。

左足体重の状態で体重移動をせずに上半身の回転だけでボールを打ちます。

何度かこの状態でボールを打つと右足体重が矯正されて「左足:右足=5:5」になります。

スイングを直す時は「少しオーバー」に行うと直せます。

悪い癖を直すことが目的ですからミスショットになっても気にすることはありません。

アイアンのダウンブローを習得する練習ドリルが↓にありますので参考にしてください。

ダウンブローに打つアイアンショットのコツ

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m