練習打席の選び方でゴルフが上達?

100を切れない原因を徹底的に潰していく
絶対!100切りプロジェクト

練習場の打席をどうやって選んでいる?

打席の選び方が悪いと、スイングに「悪い癖」がつく場合があります。

打席の選び方が良いと、練習の効率が良くなり、ゴルフが上達します。

ベテランゴルファーの多くは、1階の打席を選ぶことが多いようです。

おそらく、

・アプローチ練習をしたい
・ラウンドの風景に近い

という理由だと思います。

ただ、2階席もメリットは多数あります。

2階席のメリットは、

・ボールを打ち上げようとしないので、アッパースイングの防止になる

・打席が空いているので、スイング撮影がしやすい

・打席が空いているので、リラックスして練習できる

・打ち下ろしの練習ができる

・視界がティーグラウンドに近いので、ティーショットの練習になる

・待ち時間が少ない

最近、私は2階打席を使っています。

一番の理由は、アッパースイングを防止したいからです。

練習場のボールは、本番用ボールに比べて、打球の高さが3割ほど落ちます。

ボールが低く飛ぶので、1階でボールを打つと、無意識のうちにアッパースイングをしたくなるのです。

特に、1階打席が打ち上げになっている場合は、アッパースイングを誘発するので要注意です。

アイアンのアッパースイングは最悪です。

トップ、ダフリの原因になります。

あなたがアプローチの練習をメインに行いたいなら、1階打席で行うと良いでしょう。

ドライバー、アイアンの練習をしたいなら、2階席をオススメします。

参考になれば幸いです。

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
ドライバーでビュンビュン、もう30ヤード飛ばせます!
「ドライバーの飛距離をもっと伸ばしたい!」
「スライスやフックせず、真っ直ぐ力強い弾道を打ちたい」
とドライバーの飛距離が伸びず悩んでいませんか?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク