オーバースイング矯正ドリル

100を切れない原因を徹底的に潰していく
絶対!100切りプロジェクト

アイアンショットで求められるのは狙った場所にボールを運ぶことです。

方向性はもちろん、飛距離の安定も重要になってきます。

その為には、もちろんスイングの大きさ、力感スイングスピード全てが毎回同じようにスイングする必要があります。

当たり前ですが、これができるようになれば、アイアンショットは全てピンに絡んでイメージ通りのボールが毎回打てるようになります。

アイアンショットにバラツキがある人の練習をみているとバックスイングを大きく振りすぎて力いっぱいボールを飛ばそうとしてしまっています。

10球中1球気持ちの良い打感で飛距離が出せても意味がありません。

毎回、同じ打感で安定したショットを打てなければスコアメイクが難しくなってしまいます。

まず、気をつけたいことは、7割程度の力でスイング。

オーバースイングにならないようにする。

これが絶対条件です。

バックスイングとダウインスイングのモーションの切り返しのタイミングを下半身でつくることでオーバースイングは修正されてきます。

切り返しするタイミングを上体や腕でとってしまうとどんどんオーバースイングになってしまいます。

実際のスイングと自分の描いているバックスイングの大きさはかなりギャップがでてくるものです。

あなたに合った練習ドリルがある、

人生を無駄にしない楽しいゴルフ・・・

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
ドライバーでビュンビュン、もう30ヤード飛ばせます!
「ドライバーの飛距離をもっと伸ばしたい!」
「スライスやフックせず、真っ直ぐ力強い弾道を打ちたい」
とドライバーの飛距離が伸びず悩んでいませんか?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク