アームローテーションでスライスを直すドリル

100を切れない原因を徹底的に潰していく
絶対!100切りプロジェクト

スライスを直すためのおススメの練習ドリルをご紹介します。

フェイス面をインパクトで開かないイメージを持って、スライスを修正していきます。

インパクトでフェイス面をスクエアに戻すためには、腕の返し、アームローテーションをうまく使いこなす必要があります。

アームローテーションをマスターするために、通常通りグリップして、フェイス面を開いてアドレスを作って下さい。

通常ならまっすぐ構えていると思いますが、今回は開いてアドレスを作って下さい。

このまま打ってしまうと、当然スライスが出てしまいます。そこでインパクト付近で、腕をローテーションさせてボールを捕まえていきます。

フェイス面を開いて閉じるようなイメージを持つことで、腕がローテーションします。

バックスイングでは、フェイス面が開くようなイメージで上げて下さい。

インパクトからフォロースルーにかけては閉じていく。

開いて閉じるといった動きを大きく使って、スライスを修正して下さい。

通常のフェイス面でスライスしてしまうゴルファーは、バックスイングまでは正しいフェイス面です。

ところがダウンスイングになると、アームローテーションができずに、フェイス面が開いてしまうのです。

今回は、あえてフェイス面を開いて、それ以上開けないようにトップを作っていきます。

このドリルをすることで、左回転のボールを打つことができるようになります。

イメージが出来上がったら、通常のグリップで構えていただき、アームローテーションを入れてスイングしてください。

あなたに合った練習ドリルがある、

人生を無駄にしない楽しいゴルフ・・・

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
ドライバーでビュンビュン、もう30ヤード飛ばせます!
「ドライバーの飛距離をもっと伸ばしたい!」
「スライスやフックせず、真っ直ぐ力強い弾道を打ちたい」
とドライバーの飛距離が伸びず悩んでいませんか?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク