正しい股関節の使い方を体感するドリル

100を切れない原因を徹底的に潰していく
絶対!100切りプロジェクト

ゴルフスイングは下半身の力でするものです。

この下半身の力を、クラブを持つ上半身に伝えるうえでもっとも重要なのが股関節の位置です。

ゴルフスイングは股関節で腰の回転がつくられます。

人間の身体構造としては腰だけを回転させることができません。

バックスイングは右腰を回すのではなく、股関節に乗るだけです。

トップオブスイングは、右股関節に強烈なくびれを作り、体重をグッと乗せる。絶対我慢です!

ショートアイアンで実際にボールを打つドリルをご紹介します。

(1)スタンスを広く

いつもより、スタンスを広くします。

(2)腰を落としてアドレス

アドレスで腰を落とします。

腰の位置を低くすると「股関節に体重が乗る」 を体感しやすくなります。

(3)バックスイングで右の股関節に乗る

バックスイングで 右の股関節に体重を移動します。

(4)ダウンスイングで左の股関節に乗る

ダウンスイングで前傾を維持して左の股関節に体重を移動します。

このドリルにより、「股関節に乗るスイング」を体感できます。

慣れるまで、素振りをして下さい。

慣れてきたら、ボールをティーアップしてショートアイアンで打ってみましょう。

遠くに飛ばす必要はありません。

「股関節に乗る」を体感できればokです。

飛距離を伸ばすドリルは他にもいろいろあります。

大切なのは、『腕の力で飛ばそうとせず、下半身の力を最大限に活かす』ということです。

今回のドリルにより、股関節を使う下半身主導のスイングを体感できます。

下半身の大きなパワーをスイングに活かせれば、ショットが安定して、飛距離が伸びます。

前傾を維持しながら股関節を回旋して飛距離アップしましょう。

あなたに合った練習ドリルがある、

人生を無駄にしない楽しいゴルフ・・・

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
ドライバーでビュンビュン、もう30ヤード飛ばせます!
「ドライバーの飛距離をもっと伸ばしたい!」
「スライスやフックせず、真っ直ぐ力強い弾道を打ちたい」
とドライバーの飛距離が伸びず悩んでいませんか?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク