飛ばしの秘訣はお尻を使うヒップターンスイング

2020年7月14日

ヒップターンの動きは、腰の「左右のスライド」です。

腰の回転といえば、腰全体を回すようなイメージに繋がりがちですが、お尻の部分の骨は股関節です。

股関節がどう動くか。

股関節のどの部分が動くのか。

股関節の構造や特性をよく考えてみれば、左右に平行移動させるイメージのほうがスムーズに動かせることがわかるはずです。

股関節というと、多くのゴルファーは内股付近に意識がいきますが、股関節の結合部は股関節の外側です。

したがって股関節の外側の方を動かす意識を持てば、ヒップターンの理解に繋がります。

スポンサーリンク

ヒップターンの基本とは?

ヒップターンの基本的な動きを理解していますか?

ヒップターンの体の回転のしかたを間違えてしまうと、力強い正しいスイング出来ず飛距離も伸ばすことが出来ません。

先ずはクラブを持たずに直立の姿勢をつくってください。両足を肩幅くらいに広げましょう。

両腕はだらりと下げてもいいですし、両手を腰の近くに当てても結構です。

そして、腰を右方向にスライドさせます。他人からは腰が右に動いているだけに見えますが、自分では腰の右側の股関節の結合部を伸ばしてあげるような感覚で動かすのです。

同じ要領で今度は腰を左にスライドさせます。

ヒップターンとは腰の平行移動です。

バックスイングで腰が右に動いて見えると、スウェーしているように思いがちですが、問題ありません。

それよりも頭を大きく右に動かしてしまう上体スウェーは問題ありです。

腰は左右にスライドさせても、頭はできるだけ一定の位置にキープします。

そして、次に骨盤を前に傾けてアドレスと同じような前傾姿勢をつくってください。

腰を前傾させた状態で、腰を右、左に動かしてみます。

自分では股関節の結合部を右に動かしたつもりでも、骨盤を前傾させることでヒップターンが生まれます。

腰を地面と平行に回そうとするのは間違いで、腰のスライドとは股関節の結合部を縦に動かすような感覚があります。

ですからバックスイング方向に腰をスライドさせるときは右腰が切れ上がって、フォロースルー方向に腰をスライドさせる際には左腰が切れ上がるイメージです。

ヒップターンの法則

ヒップターンを実践する絶対条件として、骨盤前傾があげられます。

アドレスでは上体を前傾させて構えますが、背骨のラインに沿って骨盤も前傾させるのです。

トップスイングの腰の回転角度は45度、肩の回転角度は90度が目安とよくいいますが、腰自体が捻られるわけではありません。

骨盤の前傾が必要なのは「骨盤の左右45度の旋回」をつくるためです。

ヒップターンとは股関節の稼動による骨盤の旋回から生まれます。

それが大体45度として、回転が腰椎、胸椎、肩甲骨へと伝わり、下から上に向かってらせん状に捻れがつくられます。

腰椎は背骨の中で一番太いので捻られる角度は少なめです。

大体10度として、胸椎は30度くらい。あとは鎖骨の稼動を伴った肩甲骨のスライドが起こって、ゴルファーの柔歡性にもよりますが、肩が90~100度くらい捻られるという仕組みです。

もし、アドレスで腰を前傾させずに構えたとして、腰を水平に回すとどうなるでしようか。

バックスイングで腰が45度以上も回転してしまい、体をらせん状に捻ることができなくなります。

腰が回転しているように見えても実際には腰が引けてしまうだけで、バックスイングでは重心が左足に多く乗り、フォロースルーでは重心が右足に多く乗ってしまうリバースピポットが起こります。

腰自体は回っていても股関節が作動せず、結果的にヒップターンが発生しないのです。

体の柔軟性にやや欠けるという人も、バックスイングの回転角度は腰45度、肩90度を目安にしましよう。

そして下から順に、つまり骨盤の旋回から順番に体を回してあげれば、最大の捻転角度がつくれます。

これがヒップターンの法則で、体の捻れをつくる順番を間違えるとスイングミスが発生します。

手打ちのゴルファーは腰を止めて手先からクラブを動かし出して、腕の振りにまかせて肩を回転させようとします。

腰の回転を抑える分、腕や手がどんどん動いてしまいます。

腰や肩の回転角度は浅いのに、クラブが垂れ下がったオーバースイングになっている人をよく見ますが、これはリバースピポットになる、左ヒジが大きく折れる、左手首が甲側に折れるといったマイナスの症状の結果であって、捻りはほとんど発生していません。

現にトップスイングで苦しさがなく、楽に感じられる姿勢になっているはずです。

腕や手をいっさい使わずに、骨盤の旋回から捻りをつくりましよう。

するとトップスイングのクラブの傾きは相当の柔軟性のある人で地面と平行くらい、体がちょっと硬いかなという人は水平に向かう少し手前でクラブが止まるはずです。

それでも強い捻りが生まれますから、トップスイングは苦しくて仕方がない姿勢となるのです。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク