ビハインドザボールで飛距離を伸ばす方法

2020年8月11日

ドライバーショットで飛距離の出る人のスイングには共通点があります。

その共通点の中でも重要なのが”ビハインドザボール”です。

”ビハインドザボール”とはインパクトで頭の位置がボールの後ろにある状態です。

スポンサーリンク

どうすれば!”ビハインドザボール”

(1)左目でボールを見る

飛ばしたいと思うほど体が左に突っ込みやすくなります。

どうすれば”ビハインドザボール”でボールを打てるのでしょうか?

おすすめは左目でボールを見ながらボールを打ちます。

アドレスからボールを打つまでの間、「ボールを左目で見る」という意識です。

ボールを左目で見ると、

バックスイングがスムーズになる

アドレス時に左目でボールを見ると顔がわずかに右をむきます。

顔が右を向いているので頭の位置が動きにくいです。

テークバックがスムーズになります。

テークバックがスムーズになるとスイングが安定します。

左目でボールを見ると、

インパクトで体が開きにくくなる

頭の位置も安定しやすくなり”ビハインドザボール”ができます。

(2)左サイド主導のダウンスイング

左サイド主導のダウンスイングにすると”ビハインドザボール”になります。

インパクトからフォローにかけてヘッドが走り、飛距離アップにつながります

右手で打つと右肩が前に出やすいです。

右手を使い過ぎると”ビハインドザボール”が崩れます。

では、”ビハインドザボール”をしていれば、ドライバー飛距離が伸びるのか?

ただ単に、頭を残すだけでは飛距離は伸びません。

”ビハインドザボール”で、ヘッドを走らせ、ヘッドと頭で引っ張り合う、ことが出来れば、飛距離は確実に伸ばせます。

ドライバーの飛距離が伸びるとスコアアップを期待できます。

応援しています。

スポンサーリンク