ドライバーのヘッドを走らせる簡単ドリル

2020年8月5日

どうすれば、もっと飛距離をのばせるのか?

ゴルフをする人は誰もが思うことでしょう。

ドライバーショットの飛距離が伸びればゴルフはとても有利です。

ドライバーで飛ばして2打目はショートアイアンやウェッジで打つ。

そんなゴルフを出来ればゴルフはとても楽しいでしょう。

では、どうすれば飛距離は伸ばせるのか?

スポンサーリンク

ヘッドを走らせてドライバーの飛距離アップ

 飛距離アップには左足の内側で体重を受け止めます。

飛ばない人はフィニッシュで体重が右に残りがちです。

ドライバーを飛ばそうとするとアッパー軌道の強いスイングになりやすいです。

アッパー軌道の強いスイングは右に体重が残りやすいです。

体重が右に残るとショットが安定せず飛距離もロスしてしまいます。

「明治の大砲」などと呼ばれて悪いスイングとして知られています。

飛ばす人はフィニッシュでしっかりと左に体重がのっています。

インパクトからフォローで左足の内側で体重を受け止めるとヘッドが走り飛距離がアップします。

『左足の内側で体重を受け止めるドリル』

ドライバーでハーフスイングの素振りをします。

このドリルではドライバーを使い、ボールは打ちません。

動きの小さいハーフスイングを行うことで体の動きの感覚が掴めます。

トップで右足、フィニッシュで左足で立ちます。

トップでは右足一本で立ち、左足は軽く浮かせます。

フィニッシュでは左足一本で立ち、右足は軽く浮かせます。

ハーフスイングでトップとフィニッシュを交互に繰り返します。

自然と「左足に踏み込む動き」を体感できてフィニッシュで右に体重が残りません。

左足に踏み込んでスイングができればヘッドが走るようになり飛距離がアップしますよ。

応援しています。

スポンサーリンク