アプローチ練習法

グリーンまで100ヤード以内、、、

この距離を結構苦手と感じている方は多いのでは?

どうですか、あなたは100ヤード以内の打ち分けはできていますか。

100ヤード以内はスコアに直結する距離です。

ゴルフ練習法

ハーフスイングの練習をしっかりすればショットが安定してスライスやフックが直ります。

ハーフスイングとは、腰から腰の小さなスイングのこと。
いわゆるビジネスゾーンですね。

もしあなたも

「ショ ...

パター練習法

パッティングでボールを転がすことを何といいますか?

おそらく「ボールを打つ」「パットを打つ」「パターで打つ」のように「打つ」という人が多いのではないかと思う。

「芯で打つ」「しっかり打つ」、ショートすると「打っ ...

アイアン練習法

あなたは自分のアイアンの飛距離を

正確に知っていますか?

上手いプレーヤーはパーオン率が高いです。

パーオンが出来る大きな理由は自分の飛距離を正確に知っているからです。

自分のアイアンの ...

飛距離アップ練習法

ゴルフをやる上で、やはり飛距離は欠かせません。

飛距離が伸びればその分、スコアも縮まり、より遠くへ飛ばせれば、スカッとして楽しいはずです。

そこでどんなに練習してもなかなか飛距離が伸びないあなた!

...

ドライバー練習法

最近急にドライバーの飛距離が落ちてきた!

このように悩んでいる人の共通点は、

「スイングリズムが速くなっている」ことが多々あります。

スイングリズムが速くなるとヘッドスピードが上がり、

...

飛距離アップ練習法

ドライバーショットで飛距離の出る人のスイングには共通点があります。

その共通点の中でも重要なのが”ビハインドザボール”です。

”ビハインドザボール”とはインパクトで頭の位置がボールの後ろにある状態です。 ...

アイアン練習法

インパクトの形が悪いと

アイアンショットでダフリやトップになります。

ドライバーが曲がりやすくなり飛距離をロスします。

正しいインパクトの形を作れば

・クラブの芯でボールを捉えやすくなり ...

ゴルフ練習法

どうしたら、「力み」を取れるのか?

ご存知のとおり、スイング時の力みは、あらゆるミスの原因になります。

飛距離も落ちますし、スイングも安定しません。

スイング中の力みをなくすだけで、飛距離がアップす ...

パター練習法

グリップで握り方に次いで重要なのは、グリップ・プレッシャー。

つまり握るときの強さです。

たとえばパットの名手として知られる青木功プロは、左手の小指と薬指と中指が白くなるくらい強く握るべしと言っている。 ...